自動車の寿命を洗車で延ばす

一般的な家庭で利用されている自動車の寿命はおよそ10年といわれていますが、そこまで乗り続けるためには定期的なメンテナンスが必要不可欠です。そのメンテナンスの中には洗車も含まれており、常に洗車をしていない自動車は定期的に洗車をしている自動車よりも寿命が短くなる可能性が高いといいます。寿命が延びる部位はボディーはもちろんエンジンなどにも及ぶため、面倒だからと洗車をしていないと言う方はこれを機に定期的に洗車を行うようにしてください。

自動車のボディーは意外なほど脆く、外部からの衝撃で簡単に傷がつきますし錆付きもあっという間に進行します。そうしたダメージを防ぐために幾重にも渡って塗装を施しワックスなども使用しているのですが、風雨などにさらさられることでそれらの保護はどんどん薄れていきます。そうなるとちょっとした事で傷がついてしまい、傷がついた部位から錆つきが進行していくので、そうしたダメージを防ぐためにも定期的な洗車によって細かい傷の原因となるほこりなどを取りのぞいてワックスによる保護を施しましょう。さらにエンジンルームなどの汚れも内部の精密機械の以上に繋がるの定期的にエンジンルーム内を確認して細かいところの汚れも徹底的に取り除いて自動車の寿命を可能な限り延ばしましょう。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿