ワックス選びの方法

自動車のワックスは、塗装面の保護や艶出し、撥水性などの効果がありますが、油脂で作られているので、定期的な塗り替えが必要になり、エンジンの放熱や太陽熱によって溶けてしまう場合があり、雨などによっても流されてしまう場合もあります。
ワックスには固形タイプ、液体タイプ、半練タイプの3種類に分類され、艶出し、撥水性、持続性、クリーナー性、作業性など、それぞれ特性が異なりますので、自分に合った選び方をする必要があります。
固形タイプは、塗装面の保護を目的に作られていて研磨剤を含まないのが一般的です。
カルナバロウなどの油脂成分を配合しているので、深みのある艶出しと撥水性に優れ、持続効果は2ヶ月程度となっていますが、施工作業が困難で、失敗するとムラが出てしまう恐れがあります。
液体タイプは、研磨剤を含んでいるタイプもあり、汚れを落とす効果は優れていて、施工作業も容易にできますが、ワックスの被膜は弱く持続効果も短いです。
半練タイプは、固形タイプと液体タイプの中間に位置し、研磨剤の効果によって汚れを落とし、塗装面の保護や艶出しも固形ワックス並みに出せます。
施工作業も比較的容易にできますが、持続効果は1ヶ月程度となっています。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿