手洗いで洗車する方法

自宅やガソリンスタンド、洗車場などを含め手洗いで車を洗う方法について、いくつかの注意点があります。毎日小まめに手入れしていたとしても、砂ぼこりや道路の泥や雨水などがボディに付着していまします。この状態でスポンジやタオルでこすってしまうと細かい傷がついてしまいます。これを防ぐために洗車をする前には必ずざっと水洗いを行います。こうすることで、表面についた汚れやほこり、砂が洗い落とされます。ある程度水洗いできたら、柔らかいタオルやスポンジなどを使用してシャンプーを実施します。車のカラーやガラスコーティングなどのコーティングを行っている場合は使用するシャンプーに注意が必要です。こういったコーティングを落とさない専用のシャンプーを使用する必要があるためです。シャンプー後は再度水洗いを実施します。タイヤの周りや車の上は洗いにくいですが、脚立などを使用してしっかり洗い落とします。特に上は屋根がない駐車場では傷みやすいため、念入りに行います。そのあとは、柔らかいタオルで水を拭き取っていきます。フロントガラスや窓ガラスに付着した水垢はコンパウンドなどを使用して落とします。タオルで拭き取りが終わったら完成ですが、コーティングしていない車であれば雨やほこりからボディを守るためにワックスがけを行います。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿