正しいシャンプーの仕方

車のボディケアの1つとしてシャンプーがありますが、水洗いでは落ちない汚れを落とす効果や洗車傷を少なすくる効果などがあります。
シャンプーには機能やボディーカラーなどによって幾つかの種類に分類されているので、自分の車に合った物を選び、バケツやスポンジ、シャワーノズル付きのホース、吸水性の良い布などを用意します。
天候は直射日光の当たる場所や強風の日は避け、曇りの日や屋根付きガレージの下などで行うようにして、ファスナーやボタンなどボディに傷つく可能性のある服装は避けるようにします。
シャンプーの仕方は、ボディ全体に水をかけ水洗いをし、バケツに規定量のシャンプーを入れて泡立てるのですが、勢いよく水を注ぐと泡立ちが良くなり泡立てる手間が省けます。
商品によっては直接スポンジに取るタイプもあるので、商品説明を確認する必要があります。
泡立てた液をスポンジに含ませ、ボディの上部から下部に洗っていくのですが、力を入れ過ぎると傷付きの原因となるので、軽くなでる感じで洗います。
この時、泡が乾いてしまう場合は、部分ごとに分けて洗い、その都度水で洗い流すようにします。
洗い終わったら、ボディ全体に水をかけてすすぎ、しっかりとシャンプーを洗い流し、吸水性の良い布でボディに水滴が残らないように拭き取れば終了となります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿