正しい水洗いの仕方

洗車の際、水洗いはボディなどに付着した砂粒や微粒子を洗い流す目的で行い、シャワーノズル付きのホースやバケツ、マイクロファイバータオルを準備し、濡れても大丈夫な服装で、バックルや指輪、ファスナー、ボタンなどボディに傷付く可能性のある物は控えます。
天候は、直射日光の当たる場所はウォータースポットの原因となり、風の強い日はホコリなどが付着して傷付きやすくなるので、控えるようにします。
水洗いの方法は、ボディ全体に水をかけ、表面に付着している汚れを水流のみで洗い流します。
この時、ルーフ部から側面、下部へと水をかけるようにする事で、汚れが上部から下部に洗い流せます。
次に、水を流しながらマイクロファイバータオルを動かしてボディを洗うのですが、ゴシゴシと磨く感じでマイクロファイバータオルを動かすと傷付きの原因となりますので、軽く移動させる感覚で洗います。
マイクロファイバータオルは、定期的にバケツに汲んだ奇麗な水で洗うようにします。
水を流しながら水洗いができない場合は、マイクロファイバータオルに充分水を含ませ、優しくボディ面を洗えば問題ないです。
水洗いが終わったら、作業中に付着したホコリなどを取り払う意味で、もう一度ボディ全体に水をかけ、素早く水分を拭き取れば終了です。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿