正しいふき取りの仕方

洗車時の最終段階として、水分のふき取りがありますが、多くは水道水を使っているので、含有しているミネラル成分が乾燥してボディに付着して白い斑点のようになるイオンデポジットや、水滴がレンズの役割をして塗装面を焼いてしまうウォータースポットなどの原因となりますので、正しい拭き取り方法が必要になります。
準備は、バケツと吸水性の良いクロスを用意するのですが、家庭用のタオルなどはボディの傷付きの原因となりますので、必ず専用のクロスを用意し、日陰や屋内ガレージなどで作業を行うようにし、強風の日はゴミや埃が付着しやすくなりますので避けます。
方法は、ルーフ部から下部に向かって拭き取って行くのですが、力を入れ過ぎると傷が付いてしまいますので、軽く拭き取る程度の力具合で行い、バケツに奇麗な水を溜めておき、定期的にクロスを濯ぎながらボディ全体の水分を拭き取ります。
また、ボンネットやドア、トランク、フューエルフラップなどの分割ラインの奥にも水分があり、放っておくと水分が流れ出して汚れの原因となりますので、ボンネット、ドア、トランク、フューエルフラップなど全てを開けて、内部まで奇麗に拭き取れば作業終了となります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿