騒音や振動が少ないのがポイント

雪道用チェーンには、金属製のものと、非金属製のものと、両方が存在しています。非金属チェーンは、場合によっては値段が他の製品よりも高いという傾向がありますが、ニッケルなどの合金でできた重量のある金属チェーンとは違って、かなり軽量につくられており、取り扱いが容易です。サビや腐食などを防ぐためのメンテナンスも特段の必要がないというところも人気の一端を担っています。非金属チェーンが特に金属チェーンよりもすぐれているところとしては、タイヤに取り付けて実際に走行をしたときの、騒音や振動の少なさが挙げられます。金属チェーンの場合には、もともと重量がある上に、固い金属がこすれ合うという状況になりますので、特有の騒音が発生したり、車内に伝わるような振動が避けられず、しかも走行するときのスピードも制限されてしまいます。非金属チェーンであれば、こうした騒音や振動は比較的抑えられますので、快適な走行ができますし、スピードについてもやや低速といった程度で、通常の市街地を注意して走行するのと、それほど違いのない程度の速度を保つことができます。このように、チェーンの材質の違いというのは、走行時の快適性にも大きく影響を及ぼすのです。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿