積雪路面に強い

カーショップなどでも冬のシーズンが始まる前には、雪道走行のためのチェーンが目玉商品として販売されます。基本的にチェーンの役割は硬いもので路面を引っ掛けることで滑りを防止し、推進力を生み出す役目があります。

一番、運転者にとって注意しなければならない路面の状態は、アイスバーン状態です。アイスバーンとは雪があまりの寒さに凍結して、それを乗り物などの往来で踏み固められて出来る路面凍結状態のことです。

歩行者でも靴で歩いただけで滑ることも多く、当然、自動車も通行すればたとえ重さがあったとしても滑ります。そういったアイスバーン状態ではチェーンが有効となりますが、そのチェーンの種類には、非金属チェーンと金属チェーンの二つが存在します。

現在は乗り心地の観点から非金属チェーンに人気が集まっておりますが、値段については非金属チェーンの方が高いです。しかし耐久力もあり、適切に保存・管理を行なえば半永久的な使用にも耐えられるものもあります。

その素材としては強化ゴムやウレタンなどを用いており、軽量の上、積雪路面の横の滑りにも強い特長があります。しかも現在は開発が目覚ましく、強度もかなり強化された上、非金属による欠点を補うとして金属スパイクが付いているものも存在します。

そのため非金属チェーンは、金属チェーンと変らない性能を有することで大変、有効的なチェーンとして注目されています。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿