長野県ドライブについて最低限知りたいこと

長野県をドライブするにあたって知っておくと良いことの一つは「長野県は結構寒い」ということです。
日本でも有数の豪雪地帯やスキー場、避暑地などを抱える長野県なのだから当然と思われるかもしれませんが、思った以上に寒いのです。
高い山に囲まれているので日が陰るのが早く、意外と早く冷え込んできます。特に晩秋や春先のドライブでは、日中は汗をかくくらい暑いのに、夕方3時頃になると途端に冷え込んできます。なので、このような季節のドライブには、かならず一枚上着を持って行くと良いでしょう。また、山や高原といった高地に行く場合は、真夏でも何か一枚羽織るものを持って行ったほうが良いでしょう。
防寒対策が必要なのは人間だけではありません。車の方の防寒対策も必要です。意外と見落としがちなのが車の凍結対策です。スキー旅行や温泉旅行をして、次の日の朝、車のエンジンが掛からないといった事や、ウィンドウの汚れを落とそうとウォッシャー液を出した途端凍りついて、視界が奪われるといった事もあります。冬場に長野県に旅行するときはラジエーターの水に不凍液を入れたり、ウォッシャー液を寒冷地仕様のものにするなどの対策も行ったほうが良いでしょう。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿