快適な運転には欠かせない

自動車の運転性は様々な要素が重なり合うことで大きく変化します。パーツの劣化や消耗品の減少などが運転性のの低下の原因として良く挙げられますが、自動車の汚れも自動車の運転性に深く係わってくるといわれています。定期的に洗車するようにしている自動車で汚すに任せている自動車とでは運転時に掛かるストレスに大きな差が出てきますし、故障などを起こす可能性のも差が出てくるのでマイカーは汚しっぱなしにしないで定期的に隅から隅まで洗車するようにしてください。

綺麗な自動車は見た目もそうですが走行時に掛かる負担にも差が表れます。例えばフロントガラスやミラーが汚れていると周辺情報を掴みにくくなりますし、ワイパーで水をよけることが出来なければ事故にも繋がりかねません。その点しっかり洗車してガラスもミラーも綺麗にしている自動車はそうした心配もありませんし、雨天時の運転も快適に行えるはずです。また汚れはボディーだけでなく社内にも侵入し、エンジンルーム内の汚れはエンジン内にほこりなどを進入させる原因となったり、他のパーツにも悪影響を与える事になるので、エンジンルームもしっかりクリーニングして性能低下を引き起こす原因をなるべく取り除くようにしましょう。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿