非金属チェーンの弱点

冬の雪道を走行する上で、タイヤチェーンと言えば金属チェーンが一般的ですが、様々なデメリットも指摘されています。そのため雪道に対して高性能を確保しつつ、装着や使用し易いということで非金属チェーンが選択されやすいです。

非金属チェーンにはゴムチェーンと布製チェーンの二つが存在します。ゴムチェーンは、素材は強化されたゴムを使用しており、雪上でも滑らないようにするため、スパイクを取り付けているタイプもあります。

布製チェーンは、雪道を滑らずに走行できれば良いということで布素材で出来たチェーンです。女性でも装着自体が簡単で緊急的に使用されるチェーンとして主に利用されています。

しかしながら、これらの非金属チェーンにも欠点が存在し、例えば収納する場合、四本分のチェーンがかさばるため、収納しにくく場所を取ってしまうことがあります。また価格自体も金属チェーンと比べると割高になりやすく、その分の出費がかかってしまいます。

また効果が凍結した路面などでは金属チェーンよりどうしても劣ったり、また保管している場合、保管場所の環境によってはゴムが劣化する可能性があることも欠点となります。金属チェーンよりも欠点は少ない面もありますが、それでも欠点が存在するので、使用の仕方や路面の状況などによっては使い分ける方法もあります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿