フロア式は嫌厭されていた?シフトレバーの歴史

シフトレバーはエンジンから出力される回転を駆動輪に効率よく伝えるために備えられている歯車を組み替える役割をしています。そのため、エンジンの回転数と車速に応じて適した歯車の選択をするためにシフトレバーを操作して、エンジンと駆動輪の回転を制御します。FR車のように駆動輪が後輪でエンジンが前方に配置されている場合には、ギアボックスを運転席の床下車の中心に配置するのが効率的だったことから、フロアシフトのものがメインとなっていました。しかし、技術の進歩で必ずしもシフトレバーによって機械的に歯車を制御する必要が無くなり、電気的な制御で歯車の組み合わせを変える事ができるようになりました。どうしても、シフトレバーの長さが必要だった事や車の中心に位置しなければならないことで、前席ではシフトレバーが圧迫感を与えてしまう構造となっていたものが、フロア式の採用を止める事で前席の圧迫感を解消することができるようになっています。大型の重機のようなものでは依然としてフロアシフトが多く使われていますが、バスなどの大型車両でもシフトレバーは小型化されており、徐々にこの形式のシフトレバーは姿を消していくと考えられています。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿