エンジンルームを綺麗に

当たり前ですが自動車は外を走るものです。外には常にちりやほこりが浮いており、時には雨に晒されたりと自動車を汚す要素が山のようにあり、少し走るだけでも細かい汚れが付着します。そうした汚れは定期的に洗車をすることで取り除くことが出来ますが、大抵の方はボディーの洗車だけで満足してエンジンルームなど表面上は見えない汚れを無視しがちです。そうした汚れを放置し続けていると走行性能に悪影響を及ぼす恐れもあるので、ボディーの洗車ほど頻繁でなくてもいいのでエンジンルームなども定期的な洗車を行うようにしてください。

自動車のエンジンルームはその名の通りエンジンが納まっている他自動を動かすために必要なものが数多く収まっています。そうしたパーツも汚れてしまうとその性能をフルに発揮できないのでしっかり洗車するようにしましょう。エンジンルームを開けてみると細かいほこりなどが付着しているので、布などで乾拭きしてほこりを取り除いたり、専用のクリーナーで頑固な汚れを取り除いたりして綺麗な状態を保ちましょう。更にその際オイルや冷却水などが漏れていないか確認するなどの検査も同時に行っておくと走行中の故障などのトラブルを予防することが出来るでしょう。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿