ドラムブレーキの具体的な仕組みと基本知識

ドラムブレーキとは車輪の内にあるドラムの中に装着されたにブレーキシューを内側から外側へ押し付けることで減速させたり停止させたりするブレーキシステムです。この仕組みをイメージしやすい身近な乗り物が自転車です。婦人用自転車はブレーキシューという部品をタイヤの外側から押し付けることでタイヤの回転を制御しています。一方バイクや自動車の場合はブレーキレバーやブレーキペダルを操作することで外側からではなくドラムの内側から制御しています。
ディスクブレーキに比べて制動力が強いため車両の総重量が重い大型トラックやバスなどの主ブレーキとして使われています。構造が簡易でコストも低く抑えられ軽量で小さくできるの加え制御力があることもあり乗用車の後輪用ブレーキとしても使われています。
制御力が強いという優れた特徴を持つ一方で、密閉されている構造上放熱性が悪く熱に弱いという欠点があります。ブレーキを多用すると制御力が弱まり安定しません。また雨天時や水たまり走行時に内部に水が入ると制御力が落ちてしまうという欠点もあります。ブレーキシューの摩耗時に発生するダストがたまることでも制御力が弱まるためこまめな掃除も必要となってきます。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿