ブレイグニッションとノッキングトラブル対処法

プレイグニッションは、燃焼室内にあるカーボンなどが火種となって、スパークプラグによる点火よりも早く自然に燃焼を起こす現象のことで、シリンダー内温度を上げてしまい正規の爆発を起こさないので回転も不調になります。
キャブレターだけに起こるもので、電子制御で燃料カットを行うことで防ぐことが出来ます。

ノッキングは、スパークプラグで点火された燃焼ガスが燃焼室内に広がり、その先にはこれから燃焼する未燃焼ガスがありますが、未燃焼ガスは最初の点火で発生している燃焼ガスの圧力で隅へと追い込まれます。
そのうち、未燃焼ガスは高温高圧になって、燃焼室壁の高温部に触れることで自然に発火してそこから燃焼ガスが発生します。
二つの燃焼ガスがぶつかることで、高圧振動を起こしてしまいノッキングのキンキンという音が発生します。

この現象が強くなるとピストンに損傷を与えたり、焼き付けを起こしてエンジンブローになります。
これを防ぐには、点火時期の遅角化させたり、ハイオクなどの着火しにくい燃料の使用、燃焼室形状の最適化を行います。
また、カリカリ音は低速、ジーという音だと高速で、危険なのは高速タイプで高い負荷や高回転領域で発生するので、短い期間でエンジンブローになるので注意が必要です。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿