バッテリーとモータートラブルを防ぐ車の発進方法

ウェディング08車にはガソリン車やディーゼル車の他にハイブリッド車も一般化してきました。ハイブリッド車は電気をバッテリーに貯めてモーターでも走ることができます。そのため、燃費が著しく向上すると言われており、国の補助もあり、購入者が増えています。ハイブリッド車はメンテナンスが一般の自動車とほぼ変わりませんが、違いはバッテリーが大きいこと、モーターが搭載されていることです。乗り方は他の車と何も変わりませんが、注意したいのが発進時です。車を動かす際、ハイブリッド車は電池を使って走ろうとします。これはスタート時に出力が必要ですが、エンジンは回転数0から出力が最大になるわけではないので燃費が悪くなります。その点、モーターは回転0からの出力も高回転時の出力もほぼ変わりません。また、充電した電池を使えばガソリン消費はほぼ0となります。エンジンが苦手な部分をハイブリッドは電池で補っているとも考えられます。また、スタート時以外の走行中もアクセルを踏んだ時にエンジンの手助けをし、燃費の向上を図るというハイブリッド車も増えてます。ハイブリッド車の中にはエンジンを走行に使わなず、発電のみに利用するタイプも増えてきており、今後ますますの発展が期待されています

コメントは受け付けていません。

最近の投稿