AMTとDCTの役割とは

一昔前の車にはマニュアルかオートマの二つのトランスミッションしかありませんでしたが、現在では様々なシステムが現れており、それぞれに長所があります。
トランスミッションとは、エンジンで生み出される駆動力をタイヤに伝達するものです。
AMTは、オートマチックマニュアルトランスミッションの略で、MTの機構をベースにして、クラッチ操作やギアチェンジを自動化したものです。
マニュアルトランスミッションを空気圧アクチュエーターか油圧によって動かす変速機です。
マニュアル同様に摩擦式の発進デバイスが使われています。
比較的軽量でコンパクトな機構であり、スポーツカー用の高性能のものから軽自動車用の低コストのものまであります。
DCTは、ダブルクラッチトランスミッションの略で、マニュアルミッションと基本的な構造は似ていますが、DCTではクラッチを同心円状に2系統持っています。
奇数段と偶数段にクラッチギアが分かれているため、ダブルクラッチと呼ばれています。
DCTは欧州車でよく見られ、伝達効率と運転時のダイレクト感に非常に優れたシステムです。
このように両方とも同じ役割をしているのですが、その仕組みが少しづつ異なっているのがわかります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿