‘2016/03’ カテゴリーのアーカイブ

収納に場所を取る

2016/03/09

非金属チェーンは雪道を走るのに非常に利点の多いものとなっていますが、その一方で弱点もあります。
大きな弱点のひとつとして収納場所をとってしまうというものがあり、コンパクトに収めることができないためにチェーンを搭載している分だけ余計にスペースを取ってしまうことになります。

金属チェーンの場合には小さくまとまるので、それほどスペースを取らないのですが非金属のものの場合には小さくまとまることがないのでその分だけ収納場所が必要となってしまうのです。
そこまで広く場所をとってしまうというわけではないのですが、小さな車などは無視することができないものとなってしまいますし、常にチェーンのためだけに一定のスペースを取られてしまうというのは不便なものです。
いつどのような場面で使用するかわからないものですから、常に積んでおかなければ意味が無いのですがそれだけに収納場所をとるというのは大きな弱点となってしまいます。

しかし、逆に普段荷物を積むことはほとんど無くトランクや荷物を置くスペースがいつもあいているという人であれば、非金属チェーンを常備しておいたとしてもそれほど問題となることはないだけに大きな弱点とはなりません。

金属製と比較~値段が高い

2016/03/09

車での雪道走行に必須装備となるタイヤチェーンの代表的なものは、ニッケルなどを素材にした金属製チェーンと、ウレタンなどを素材にしたゴム製の非金属チェーンです。
金属チェーンは、収納するとコンパクトであることと、雪道での走行性能がよいのが特長です。ただし、走行時の振動や走行音があるのが欠点となります。取り付けに関しては、容易にできるタイプが増えています。
非金属チェーンは、取り付けがしやすいものが多くなっています。走行するときも、振動や走行音が少ないといった特長があります。ただし、実際場面では低温のため、ゴムが収縮して取り扱いがしにくく、取り付けにジャッキアップが必要になる場合があるようです。また、収納するときの専用の収納ケースが大きく、場所を取ってしまうことがあります。
チェーンの価格についてですが、金属製チェーンが一万円以内で済むのに対し、非金属チェーンは一万円以上と高価になります。
どちらのチェーンもそれぞれの特徴があり、どちらがベストとははっきりといえません。しかし、スタッドレスタイヤを購入することに比べると、少ない投資で雪道での安全を得ることができます。
雪道走行の可能性がある場合は、チェーンを購入しておくことをお勧めします。

耐久性はイマイチ

2016/03/09

非金属チェーンは走行性能が通常の金属チェーンと比較をして高いという点であったり、装着がしやすいという利点がありますが大きな難点として耐久性がイマイチというものがあります。
もちろん、装着してすぐに切れてしまうというものではありませんが金属チェーンと比較をすると、かなり劣る部分があるのも事実です。

そして、非金属チェーンのもう一つの欠点として元の価格が、金属チェーンと比較をして割高というものがあるので、耐久性が低く値段も高価であることからコストパフォーマンスが悪いというものがあります。
そのため、頻繁にチェーンをする機会が多い人などはお金がかかってしまうこともあり、使いづらいものとなってしまいがちです。
このように非金属チェーンは耐久性にやや劣るという点を理解しておかなければ、頻繁に切れてしまってお金がかかりすぎてしまうといったことや肝心の時に役に立たないことがあるので注意をしておきましょう。

チェーンはいざというときに使用をするものですから、金属でも非金属でもそれぞれの特徴をよく理解した上でどちらを選んだほうが良いのかということを考えて選ぶようにすると、失敗をすることを避けることができるので弱点もよく理解しておきましょう。

非金属チェーンの弱点

2016/03/09

冬の雪道を走行する上で、タイヤチェーンと言えば金属チェーンが一般的ですが、様々なデメリットも指摘されています。そのため雪道に対して高性能を確保しつつ、装着や使用し易いということで非金属チェーンが選択されやすいです。

非金属チェーンにはゴムチェーンと布製チェーンの二つが存在します。ゴムチェーンは、素材は強化されたゴムを使用しており、雪上でも滑らないようにするため、スパイクを取り付けているタイプもあります。

布製チェーンは、雪道を滑らずに走行できれば良いということで布素材で出来たチェーンです。女性でも装着自体が簡単で緊急的に使用されるチェーンとして主に利用されています。

しかしながら、これらの非金属チェーンにも欠点が存在し、例えば収納する場合、四本分のチェーンがかさばるため、収納しにくく場所を取ってしまうことがあります。また価格自体も金属チェーンと比べると割高になりやすく、その分の出費がかかってしまいます。

また効果が凍結した路面などでは金属チェーンよりどうしても劣ったり、また保管している場合、保管場所の環境によってはゴムが劣化する可能性があることも欠点となります。金属チェーンよりも欠点は少ない面もありますが、それでも欠点が存在するので、使用の仕方や路面の状況などによっては使い分ける方法もあります。

高速道路の走行も快適

2016/03/09

車を運転していると、突然雪が降ってくる、ということだって珍しくはありません。
天気予報の通りに必ず晴れるとは限らないので、自然の成り行きに任せるほかないのです。
かといって運転中に雪が降った中を走行するのはとても危険なので、何か対策をする必要があります。
決して何も対策しない状態で走ってしまえばそれだけ事故につながる危険性もあることを理解しましょう。
とはいっても金属チェーンを取り付けたり、タイヤ交換となるとなかなか手間暇がかかってしまいます。
とくに、女性の場合には、これらの扱い方もわからない方もいらっしゃるでしょう。
そうしたケースでは、信頼できるメーカーの非金属チェーンを使う、という方法もあります。
一般的な金属チェーンに比べて装着しやすく、軽量なのが特徴です。
あくまでもその場を安全に走行するためのアイテムですが、高速走行を気をつけながら走行を行うことが可能なタイプのものもあります。
事前にしっかりと必要な機能を見極めた上で製品を選ぶことが大切です。
自分の走行スタイルに合ったものを選択して、安全に運転できるようにいざという時のために備えてみてはいかがでしょうか。
店頭購入であれば取付方法をレクチャーしてもらえるので便利です。

積雪路面に強い

2016/03/09

カーショップなどでも冬のシーズンが始まる前には、雪道走行のためのチェーンが目玉商品として販売されます。基本的にチェーンの役割は硬いもので路面を引っ掛けることで滑りを防止し、推進力を生み出す役目があります。

一番、運転者にとって注意しなければならない路面の状態は、アイスバーン状態です。アイスバーンとは雪があまりの寒さに凍結して、それを乗り物などの往来で踏み固められて出来る路面凍結状態のことです。

歩行者でも靴で歩いただけで滑ることも多く、当然、自動車も通行すればたとえ重さがあったとしても滑ります。そういったアイスバーン状態ではチェーンが有効となりますが、そのチェーンの種類には、非金属チェーンと金属チェーンの二つが存在します。

現在は乗り心地の観点から非金属チェーンに人気が集まっておりますが、値段については非金属チェーンの方が高いです。しかし耐久力もあり、適切に保存・管理を行なえば半永久的な使用にも耐えられるものもあります。

その素材としては強化ゴムやウレタンなどを用いており、軽量の上、積雪路面の横の滑りにも強い特長があります。しかも現在は開発が目覚ましく、強度もかなり強化された上、非金属による欠点を補うとして金属スパイクが付いているものも存在します。

そのため非金属チェーンは、金属チェーンと変らない性能を有することで大変、有効的なチェーンとして注目されています。

騒音や振動が少ないのがポイント

2016/03/09

雪道用チェーンには、金属製のものと、非金属製のものと、両方が存在しています。非金属チェーンは、場合によっては値段が他の製品よりも高いという傾向がありますが、ニッケルなどの合金でできた重量のある金属チェーンとは違って、かなり軽量につくられており、取り扱いが容易です。サビや腐食などを防ぐためのメンテナンスも特段の必要がないというところも人気の一端を担っています。非金属チェーンが特に金属チェーンよりもすぐれているところとしては、タイヤに取り付けて実際に走行をしたときの、騒音や振動の少なさが挙げられます。金属チェーンの場合には、もともと重量がある上に、固い金属がこすれ合うという状況になりますので、特有の騒音が発生したり、車内に伝わるような振動が避けられず、しかも走行するときのスピードも制限されてしまいます。非金属チェーンであれば、こうした騒音や振動は比較的抑えられますので、快適な走行ができますし、スピードについてもやや低速といった程度で、通常の市街地を注意して走行するのと、それほど違いのない程度の速度を保つことができます。このように、チェーンの材質の違いというのは、走行時の快適性にも大きく影響を及ぼすのです。

簡単取り付け

2016/03/09

冬期間に積雪道路や凍結している路面を自動車で走行させる方法としては、スタッドレスタイヤを装着することが何よりです。しかし、比較的温暖な地域にお住まいの方であれば、スタッドレスタイヤを所有していない方も多く、雪道走行などを行う際にはチェーンで対応している場面も見ることができます。雪道路面用のチェーンでは、かつては金属チェーンなどが用いられていて、現在でも活用されているものですが、新しいタイプでは非金属チェーンに分類されているものも販売しています。非金属チェーンは特殊な樹脂製のものにピンを埋め込んだ方法で積雪路面でも走行できるものになり、軽量で持ち運びにも便利な部分や、走行中に金属チェーンよりも少ない振動で済ませることができるメリットもあります。取り付けが簡単なことも大きなメリットになり、その方法はタイヤの裏側にチェーン本体を回して、上部で裏側のフックを固定する方法です。その後は正面で外側フックを3カ所固定して、外れてしまうことがないように、しっかりとロックを施す方法です。誰でも簡単に取り付けを行うことができ、タイヤ位置を移動させずに取り付けできることもメリットになり、冬期間には携帯しておくと便利なアイテムです。

非金属チェーンの長所

2016/03/09

自動車のタイヤチェーンには、大きくわけると、金属製のものと、非金属製のものとがあります。伝統的な金属チェーンは、たしかに雪道でのグリップ力にすぐれていて、価格的にも安価なものが多いという長所はありますが、重くて騒音もうるさく、初心者にとってはなかなか使いづらいものであるということができます。いっぽう、後から登場した非金属チェーンは、従来の金属チェーンにはない、さまざまな長所をもっています。たとえば、金属チェーンは雪道には適しているものの、それ以外の状況下では、路面を削ってしまったり、スピードが極端に落ちてしまったりということになりがちでした、しかし、非金属チェーンであれば、雪道以外の、ぬかるみやすべりやすい道でも使うことができ、路面の騒音や振動をおさえて、比較的高速での走行も可能であるなど、汎用性や使い回しの面で、すぐれた特徴を発揮します。また、金属とは違って軽量で取扱いがしやすく、着脱などもワンタッチの金具で容易にできるようになっている製品も存在しており、金属チェーンにくらべると、価格が比較的高くなってしまうというデメリットはあるにしても、特に初心者にとっては最適な製品であるということができるでしょう。

雪道で使う!非金属チェーンの特徴

2016/03/09

非金属チェーンは雪道を走行する時に非常に役に立つアイテムであり、これがあることによって走破性を飛躍的に高めてくれるものとなっています。
そのため、万が一の積雪に備えてチェーンを搭載しておくといざというときに役に立ちます。

それでは、非金属チェーンには一体どのような特徴があるのかというと、まず従来の金属チェーンと比較して走行時の静かさがあげられます。
金属の物の場合にはかなりの走行音が響いて気になってしまうということもあるものですが、非金属の場合にはその騒音が軽減されるという利点があります。
また、装着も金属のものと比較して用意なので装着が必要になった時にも、すぐに取り付けることができ便利です。

しかし、メリットだけではなくデメリットも有り金属チェーンと比較した時に金額的に割高になってしまいやすいのが、非金属チェーンの弱点となっています。
割高になりやすいのは単純な金額だけでなく、耐久性の面も金属チェーンよりも劣るのでその分だけ、コストがかかってしまうことになります。
そして、金属チェーンと違って収納時にコンパクトに収納をすることができないため、非金属チェーンのために車のスペースを取られてしまうことになります。

非金属チェーンにはこのような特徴があるので、選ぶ時には覚えて置くと便利です。

最近の投稿